home ニュース 作者と本の紹介 キャラクターの紹介 商品 ダウンロード モバイル
 
 
投稿日時: 2018-07-04

 

パディントン ベア オフィシャルサイトのトップページ左下にある「パディントンのコミック」に新しいコミックをアップしました♪

 

このコミックは1970年代後半にイギリスのLondon Evening Newに掲載されていたコミックです。

 

 


 

 

今回は「ヴィンテージのマーマレードを掘る話」です。

 

是非ご覧ください。

 

 

 

 
投稿日時: 2018-06-27

 

パディントンの生誕60周年を記念した「くまのパディントン展」の渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムでの全日程が終了しました。

 

ご来場頂いた方々、ありがとうございました。

 

そして、中国地方の方々、お待たせいたしました!

 

次は広島県で「くまのパディントン展」が開催されることが決定しました!

 

期間と会場は以下の通りです。

 

期間:201876日(金)−826日(日)

会場:奥田元宋・小由女美術館

※情報は変更になる可能性がございます。ご来場の前に会場のホームページなどで詳細をご確認の上、ご来場ください。

 

児童小説「パディントン」シリーズの原作者、マイケル・ボンド氏(19262017)の生前のインタビュー映像や、ペギー・フォートナムがてがけた児童書の挿絵や他のイラストレーターたちによる絵本の原画、世界中で出版された書籍など、多彩な展示でパディントンの世界を紹介しますので、是非、お近くにお住まいの方はチェックしてみてくださいね。

 

世界的な名作として、世代や国を越えて愛され続けるパディントンの魅力が詰まった展覧会にぜひ、足をお運びください。

 

 

奥田元宋・小由女美術館 オフィシャルサイト(リンク)↓

http://www.genso-sayume.jp/index2.html

 

 

 

 
投稿日時: 2018-06-20

 

年に2回あるパディントンの一回目の誕生日が6月25日ですので、もうすぐですね♪

 

なんで、1年に2回も誕生日があるのかって?

 

「パディントン フランスへ」(福音館書店)の本の中で、占い師であるマダム・ザザとのやりとりで、、「クマは、いつだって、年2回たんじょう日があるんです。」と言っているのです。

 

このお話は、以下の本に記載されていますので、興味ある方は、是非、手にとって見て下さいね。

 

 

松岡享子 訳

 

パディントン フランスへ(福音館書店)

http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=857

 

 

 

 
投稿日時: 2018-06-06

 

トップページの画像をリニューアルしました!

 

“お十一時”を楽しむグルーバーさんとパディントン。なんて豊かな表情なのでしょう!

 

本当にこころが温まって癒される画像ですね。

 

 

ダウンロードのページでは、同じイラストを使用した壁紙の配信もスタートしていますので是非チェックしてみてくださいね。

 

 

 

 
投稿日時: 2018-05-30

 
今年1月に日本で公開された映画『パディントン2』のDVDが早くも7月4日に発売されることになりました!

 

映画を観た人も、残念ながら見逃しちゃった人も、吹替えで観たい人も、字幕で観たい人も、是非是非、お買い求めくださいませ!

 

本当に、本当に、パディントンが可愛くて、面白くて、何度でも観たくなってしまう映画ですから!

 

しかも、スペシャルエディションは、本編ブルーレイ+特典映像を大量収録したBONUS DISCの初回生産限定2枚組!


さらに、嬉しいブックレット(32P予定)やポップアップカード(飛び出す絵本を再現したポストカード)、オリジナルステッカーまでとたくさん特典の入った、ファン必携・永久保存版の豪華版です!

 

 

 


[ 発売元 ] 株式会社キノフィルムズ/木下グループ
[
販売元 ] ポニーキャニオン
2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

 

詳しくは、以下のリンクでご覧ください!(リンク↓)

https://movie-product.ponycanyon.co.jp/item027.html

 

 

 

 

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 51 »
| お問合せ | 個人情報について | サポーティングカンパニー | サイトマップ |

パディントン ベアTM オフィシャルサイト

Paddington Bear | パディントン ベア