home ニュース 作者と本の紹介 キャラクターの紹介 商品 ダウンロード モバイル
 
 
投稿日時: 2018-07-18

 

パディントン ベアがアイコンキャラクターを務める、さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト(神奈川県)内に「パディントン ベア」をテーマにした「パディントン タウン」が今週末の7月21日(土)にオープンすることになりました!

 

パディントン ベアを全面的に使用した世界初!となるテーマゾーニングエリアで、赤・青・黄の3色を中心に賑やかに彩られた「パディントン タウン」には、ミニコースターや迷路、トレインなどの小さな子どもでも楽しめる5種類のアトラクションとスナック、休憩スペースがあります。

 

また、タウン内には写真スポットも充実していて、さまざまなパディントンと一緒に写真を撮ることもできますよ!

 

小さいお子さんがいるファミリーのご家庭では、是非是非、注目してくださいね。

 

また、中央高速を使って遠出をされるかたは、是非途中で降りて頂いて相模湖リゾート プレジャーフォレストで遊んで行ってみてはいかがですか!

 

 

パディントンタウン(リンク)↓

http://www.sagamiko-resort.jp/paddingtontown/

 

 

 

 
投稿日時: 2018-07-04

 

パディントン ベア オフィシャルサイトのトップページ左下にある「パディントンのコミック」に新しいコミックをアップしました♪

 

このコミックは1970年代後半にイギリスのLondon Evening Newに掲載されていたコミックです。

 

 


 

 

今回は「ヴィンテージのマーマレードを掘る話」です。

 

是非ご覧ください。

 

 

 

 
投稿日時: 2018-06-27

 

パディントンの生誕60周年を記念した「くまのパディントン展」の渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムでの全日程が終了しました。

 

ご来場頂いた方々、ありがとうございました。

 

そして、中国地方の方々、お待たせいたしました!

 

次は広島県で「くまのパディントン展」が開催されることが決定しました!

 

期間と会場は以下の通りです。

 

期間:201876日(金)−826日(日)

会場:奥田元宋・小由女美術館

※情報は変更になる可能性がございます。ご来場の前に会場のホームページなどで詳細をご確認の上、ご来場ください。

 

児童小説「パディントン」シリーズの原作者、マイケル・ボンド氏(19262017)の生前のインタビュー映像や、ペギー・フォートナムがてがけた児童書の挿絵や他のイラストレーターたちによる絵本の原画、世界中で出版された書籍など、多彩な展示でパディントンの世界を紹介しますので、是非、お近くにお住まいの方はチェックしてみてくださいね。

 

世界的な名作として、世代や国を越えて愛され続けるパディントンの魅力が詰まった展覧会にぜひ、足をお運びください。

 

 

奥田元宋・小由女美術館 オフィシャルサイト(リンク)↓

http://www.genso-sayume.jp/index2.html

 

 

 

 
投稿日時: 2018-06-20

 

年に2回あるパディントンの一回目の誕生日が6月25日ですので、もうすぐですね♪

 

なんで、1年に2回も誕生日があるのかって?

 

「パディントン フランスへ」(福音館書店)の本の中で、占い師であるマダム・ザザとのやりとりで、、「クマは、いつだって、年2回たんじょう日があるんです。」と言っているのです。

 

このお話は、以下の本に記載されていますので、興味ある方は、是非、手にとって見て下さいね。

 

 

松岡享子 訳

 

パディントン フランスへ(福音館書店)

http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=857

 

 

 

 
投稿日時: 2018-06-06

 

トップページの画像をリニューアルしました!

 

“お十一時”を楽しむグルーバーさんとパディントン。なんて豊かな表情なのでしょう!

 

本当にこころが温まって癒される画像ですね。

 

 

ダウンロードのページでは、同じイラストを使用した壁紙の配信もスタートしていますので是非チェックしてみてくださいね。

 

 

 

(1) 2 3 4 ... 49 »
| お問合せ | 個人情報について | サポーティングカンパニー | サイトマップ |

パディントン ベアTM オフィシャルサイト

Paddington Bear | パディントン ベア