home ニュース 作者と本の紹介 キャラクターの紹介 商品 ダウンロード モバイル
 
 
投稿日時: 2019-05-01

 

2週間前にもコチラで紹介しましたが、原画展「くまのパディントン展」が群馬県にある群馬県立近代美術館で開催されています。

 

関東近県にお住まいの方は、是非このゴールデンウィークまっさかりの時期に群馬まで足をのばして「くまのパディントン展」に出かけてみませんか?

 

そしてなんと、ゴールデンウィークの特別イベントとしてパディントンが遊びに来て、ご来場者の方々と写真撮影できるイベントも開催します!

 

↓↓↓

パディントンと写真を撮ろう!
開催日時:55日(日)、56日(月・休)
11:00
〜/14:00〜 先着各20
各回開始1時間前から整理券を配布します

 

世代や国を越えて愛され続けるパディントンの魅力が詰まった展覧会にぜひ、足をお運びください!

 

 

期間:2019年4月20日(土)−6月23日(日)

会場:群馬県立近代美術館

※情報は変更になる可能性がございます。ご来場の前に会場のホームページなどで詳細をご確認の上、ご来場ください。

 

群馬県立近代美術館内 サイト(リンク)↓

https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/3305

 

 

 
投稿日時: 2019-04-24

 

パディントン ベアがアイコンキャラクターを務める神奈川県にあるさがみ湖リゾート プレジャーフォレストをご存じでしょうか。

 

関東近県にお住まいの方ならチェックされているかもしれません。

 

アウトドア施設と遊園地を組み合わせた雄大なレジャーエリアで、個々の様々な趣向性に合わせた楽しみかたができることが特徴のエンターテインメントレジャー施設なんです。

 

今日はそのさがみ湖リゾート プレジャーフォレストの中にある大きな売店をご紹介します。

 

実は、さがみ湖リゾート プレジャーフォレストでしか売っていないパディントン ベアのお菓子やグッズ類がたーくさん、あることをご存じでしたか?

 

 

 

いろいろ目移りしてしまってあれもこれも欲しくなっちゃいますよね。

 

お菓子もいろいろ食べたくなっちゃいますね。

 

今年のGWは長いので、パディントングッズを探しに、さがみ湖リゾート プレジャーフォレストに行ってみる!というのもなかなか面白いかもしれませんよ☆

 

 

 
投稿日時: 2019-04-23

 

現在、LINEスタンプショップのトップページにて「絵本特集第二弾」の中でパディントンのスタンプが取り上げられ、発売されていますよ!

 

この絵本特集は2019年4月30日午前10時59分までの限定特集となっていますので、是非チェックしてみてくださいね☆

 


QRコードはコチラ↓

 

 

 

 
投稿日時: 2019-04-17

 

昨年から開催され、全国で絶賛開催中の原画展「くまのパディントン展」が、ついに今週末から群馬県にある群馬県立近代美術館で、開催されますよ。

 

児童小説「パディントン」シリーズの原作者、マイケル・ボンド氏(19262017)の生前のインタビュー映像や、ペギー・フォートナムがてがけた児童書の挿絵や他のイラストレーターたちによる絵本の原画、世界中で出版された書籍など、多彩な展示でパディントンの世界を紹介します。

 

世界的な名作として、世代や国を越えて愛され続けるパディントンの魅力が詰まった展覧会にぜひ、足をお運びくださいね。

 

 

期間:2019年4月20日(土)−6月23日(日)

会場:群馬県立近代美術館

※情報は変更になる可能性がございます。ご来場の前に会場のホームページなどで詳細をご確認の上、ご来場ください。

 

群馬県立近代美術館内 サイト(リンク)↓

https://www.artagenda.jp/exhibition/detail/3305

 

 

 
投稿日時: 2019-04-10

 

今週から新学年、入学式、または今月から就職して新しい職場、というフレッシュな方々も居るのではないでしょうか。

 

新しい世界に飛び込んでいくのは、ドキドキもしますが、ワクワクもしますよね。

 

きっとパディントンも暗黒の地ペルーからイギリス・ロンドンへ移住してきたときも同じような気持ちだったことでしょう。

 

さて、映画『パディントン』をご覧になられた方は、そのときのパディントンのドキドキとワクワクがお判りだと思いますが、パディントンの絵本でもそんな気持ちが伝わってきます。

 

 

クマのパディントン (理論社)

マイケル・ボンド・作 R.W.アリー・絵 木坂涼・訳

 

お話はもちろんマイケル・ボンド氏が書いた内容ですが、小さなこどもでも判り易く絵本化をしたのが本なのです。

 

ブラウン一家の家族として迎えられるパディントンは本当にキュートそのもの。

 

もちろん大人が読んでもとっても可愛い絵本ですから、よろしければお近くの本屋さんで探してみてくださいね。

 

 

 

« 1 ... 7 8 9 (10) 11 12 13 ... 108 »
| お問合せ | 個人情報について | サポーティングカンパニー | サイトマップ |

パディントン ベアTM オフィシャルサイト

Paddington Bear | パディントン ベア